福井までキャンプに出掛けた

 昨日日曜日は朝から結構雨が降った。大雨関係の警報が出たら仕事に行かねばならず、とりあえず朝からキャンプの支度をして、天気予報とにらめっこ。幸い注意報にとどまったので、自宅軟禁は解除された。北の方角は大丈夫のようなので、14時前に雨具を着て出発する。

 行き先は、福井・大野の山奥、麻那姫湖青少年旅行村。本当はひるがの高原に行きたかったが、半日では着かないので。

 R161を快調に走り、1時間45分で敦賀へ。R8は工事中で混みそうなので、高速で福井までワープする。16時半にR158、福井外れのローソンで休憩。カッパを脱ぐ。

 大野市内のスーパーで食糧を調達し、目的地に18時前に到着する。家人に電話をしようとするが、やはり圏外だった。公衆電話はカード専用機。仕方ないのでテントを張り、来た道を数キロ戻り、やっと電話で無事を確認する。日が暮れるのが早くなった。19時には真っ暗だ。広いキャンプ場に私のほかにはひと家族のみ。このキャンプ場、トイレは簡易水洗、コインシャワーと設備は寂しいけれど、なんと無料です。直火OKで、クルマも乗り入れできる。

 夕食は簡単に済ませ、星を見ながら少し酒を飲んで21時半に寝る。

 
 Dsc00633


Dsc00640


 翌朝は5時前に起床。かなり冷えていて、多分20℃以下。長袖を着て、モーニングコーヒーをいれたりとうもろこしを茹でたり本を読んだり。そのうち気温が上がり始める。遅めの朝食をパスタで済ませ、荷造りし、11時過ぎに出発。

 ところが、帰路、福井市に入ったあたりで水場に忘れ物をしたことに気付き、引き返す。1時間半のロスタイム。寄り道して、と思っていたが、結局まっすぐ帰ることに。福井市内で回転ずしを食した以外、休憩なしで全部下道を走り、18時前に無事帰着する。

 二日で483キロ ガソリン代別、高速料金込みで2500円弱と安上がり。

 ペガソストラーダにも慣れてきた。荷物を積んで走ると、フロント周りの剛性感はイマイチ。エンジンを回しても特に高揚感があるわけでもなし、まあ無難なツアラー車と言うところかな。長い上り坂でもストレスはない、ほどほどのパワーで、燃費は24キロ程。660ccだから、もう少し走ってもいい。

Dsc00642

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック