吉野グランフォンド 完走

 昨日の吉野グランフォンドSL、とにかく暑さに悶え苦しみましたが、なんとか完走できました。

 T浪さんの列車に乗せていただくなど、足ノ郷越えまではスムーズだったものの、R168まで下りてきて、大台ヶ原方面の道が暑くてつらかった。ひんやりしたトンネルの中でゴロンと横になりたかった。

 コーラ休憩などしているうちに時間が気になり出す。行者還り林道R309の上りは、とにかく長いしきつい。1時間弱で上り、関門に間に合ってしまう。

 天川に向かっての下り道は、日陰も多く涼しめで、それなりに楽しめた唯一の区間か。

 あと80キロを切った野迫川エイドからの小さな上りでは眠くて眠くて、下りなら居眠り運転しそうなくらい。まほろばの女性に抜かれて、追いかけようにも足は回らず。おそらく最高に疲れがたまっていたのだろう。

 五条に下りてきてからは、次第に脚も回り出す。最終のエイドで振る舞われたスイカが最高にうまく、元気が出る。そして、17時を大分回ってから、やっと帰り着き、苦しい一日が終わる。


 これまで5回出場し、SLの完走は3回目。このグランフォンドはここ何回かは秋に開かれていたが、今回はもとに戻ったかたち。やはり夏がふさわしいとは思うけれど、この暑さは大敵に違いない。

 お陰で今日は一日廃人の状態。吉野グランフォンド、少なくともSLはもう卒業かもしれません。(と、前回も書いたような気がする)。

 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448500529

この記事へのトラックバック